MENU

妊娠時の葉酸サプリの働きと役割

葉酸は胎児の発育にとって欠かすことができない栄養素。
受精卵から胎児へと育っていく妊娠初期に、細胞分裂が活発に行われるのですが
葉酸は、胎児の細胞分裂を促す役割を果たします。
また、無脳児や神経管閉鎖障害といった先天性異常をもつ胎児が生まれるリスクを減らしてくれます。

 

葉酸は食事から摂るのが通常ですが、妊娠した女性には葉酸サプリが推奨されています。
妊娠時に必要とされる葉酸は、1日あたり440マイクログラムといわれていますが、これを食事だけで摂るのは大変。
厚生労働省も、妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月の間は、食事のほかにサプリメントによる葉酸の摂取を勧めています。

 

葉酸を多く含む食材として、緑黄色野菜や果物があります。
ほうれん草で、100グラムあたり210マイクログラム
枝豆だと100グラムあたり210マイクログラムの葉酸を摂取することができます。
ちなみに、レバーはより多くの葉酸を含みますが、同時にビタミンAも多く含みます。
ビタミンAの摂り過ぎは胎児に悪影響を及ぼす可能性があるので、過剰な摂取は控えるべきです。
食事だけでも結構、摂取できそうですが、葉酸は水に溶けやすく熱に弱い性質を持つので、調理過程で葉酸は次々と失われていきます。
生で食べれば問題ありませんが、毎日続けるのは大変でしょう。
しかも、妊娠初期であればつわりもあって、ただでさえ食事を作るのが大変です。
メニューを考えるのも一苦労。
葉酸サプリは妊婦さんの強い味方なのです。