MENU

葉酸以外に必要な妊娠中に必要な栄養素

妊娠している間、特に必要な栄養素にはまず葉酸があります。
葉酸が不足すると、先天性の病気を持った赤ちゃんが生まれる可能性が高まります。

 

そして、葉酸だけでなく、亜鉛やカルシウム・マグネシウムなども特に必要な栄養素です。
亜鉛に関しては、妊娠中、お腹の中の赤ちゃんは、毎日、細胞分裂を繰り返しているのですが、亜鉛がその細胞分裂を促しています。

 

お腹の中の亜鉛が不足している状態が続けば、低体重の赤ちゃんが生まれる可能性が高まります。
また、亜鉛は赤ちゃんが生まれた後も重要なものです。

 

赤ちゃんが飲む初乳に、免疫力をアップする亜鉛がたくさん含まれていることが望ましいです。
カルシウム・マグネシウムに関しては、お腹の中の赤ちゃんの骨を作るために、体の中のカルシウムが減少して、骨粗鬆症になりやすくなります。

 

骨粗鬆症を防ぐために、カルシウムをたくさん摂る必要があります。
カルシウムを体が吸収するにあたってマグネシウムが必要になります。
この他にビタミンなども欠かせないものです。

 

葉酸や亜鉛などを食事だけで摂るのは大変ですから、葉酸サプリを取り入れることをおすすめします。
葉酸だけでなく亜鉛なども含まれているサプリもあります。