MENU

妊娠中に積極的に摂取したい葉酸!

病院嫌いな私が、人生で一番病院に通っていたのは『妊娠中』です。
数週間に一度の健診があるので、どうしても通わないといけません。

 

また、妊娠中は胎児への悪影響を考えて、市販の薬を飲むのもすごく抵抗がありました。
そのため葉酸欠乏性貧血になっても簡単に治療薬は飲めませんでした。

 

多少の熱でも、出来るだけ薬を飲まないようにしていました。
やはり薬が原因で奇形児になったりするのは嫌だったんです。

 

親は五体満足に生まれてくれることを望んでいる人が多いと思いますので、
やっぱり少しでも障害の可能性が出てしまうことは嫌だと思いました。

 

だから葉酸欠乏性貧血になった時には治療薬に頼らないでビタミンB12が摂取できる貝類などをよく食べるようにしました。
あさりやしじみなどに多く含まれているので、食事からも摂取が可能です。

 

やはり妊娠中っていうのは、いつものようには上手く行かないことが沢山ありますね。
だからこそ、いつもよりも、無理をしないようにするのが大事だと思いました。

 

いつも我慢してギリギリまで過ごしている人は、出来るだけ気楽に過ごすようにしましょう。
無理をすると、後で病院に入院しないといけないほどひどくなるケースもあるので危険です。