MENU

葉酸欠乏症とは

 

私たちの体というのは葉酸を少量しか蓄えることができません。

 

食事やサプリメントを摂取しなければ、葉酸欠乏症になってしまう危険性があります。

 

十分な量の野菜、果物を積極的に摂取していなければ、それが原因となって葉酸欠乏症を発症してしまうようになります。

 

また、アルコールを大量に摂取する、ということも葉酸の吸収や代謝を妨げてしまいますので、葉酸欠乏症を発症する原因となってしまいます。

 

もちろん、アルコール中毒によって起こる栄養不足も葉酸欠乏症の原因となってしまいます。

 

小腸の病理的変化であったり、メトトレキサートのような薬剤投与に関しても葉酸欠乏症を発症する原因となります。

 

最近では心筋梗塞の発症原因の1つとも考えられています。

 

特に妊娠中、授乳中の女性というのは葉酸が必要です。

 

葉酸を摂取していなければ簡単に葉酸欠乏症を発症してしまうようになります。

 

葉酸はアミノ酸であったり核酸の合成において必要な補酵素です。

 

そのため、細胞分裂が盛んに行われる部位において葉酸欠乏症の症状が出るようになります。

 

初期症状としては疲労感が出るようになり、肌が青白くなっていきます。

 

そして息切れやめまいのような貧血の症状が出て、結果的に造血機能が著しく低下するようになります。

 

このような葉酸欠乏症を予防するためにも積極的に葉酸を摂取するようにしましょう。